2012年05月13日

睡蓮年表

睡蓮年表を作ってみております。
このインターフェイスが好きで、作りたくなったしまいました。
まだまだ作り途中です。

http://requiem.turukusa.com/
posted by YuKKo at 16:09| 睡蓮 -suilen- | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

各観光省、観光庁、観光局のTwitterアカウント


各国の観光省、観光庁、観光局で日本語でツイートしているアカウントを探して一覧にしてみた。
順番は見つけた順のため、適当。

旅行の前にチェックすると観光ガイドには載っていないことを教えてくれるかも。

※Google検索:"on Twitter" 観光局 OR 観光庁 OR 観光省 site:twitter.com
※(?)があるところは、オフィシャルか不明なアカウント。
※(終了)はキャンペーン等が終了しているが、アカウントは存在しているアカウント。

フィジー政府観光局
@TourismFijiJp

ポルトガル政府観光局
@visitportugaljp

ポーランド政府観光局
@PolandTravel_jp
(観光局のポラ猫さんがつぶやいているらしい)

パプアニューギニア政府観光局
@PNGTourismJapan

スペイン政府観光局
@SpainInJapan

オランダ政府観光局
@NLnow

オーストラリア政府観光局
@Go_Australia

(終了)オーストラリア ノーザンテリトリー政府観光局
@visituluru

タイ国政府観光庁
@tat_jp

ベルギーの公式協力団体(大使館観光局、企業誘致局、貿易局、他)
@BelgiumInJapan

香港政府観光局
@HKTB_JP

シンガポール政府観光局
@TBJapanPR

ニュージーランド政府観光局
@PureNZinJapan

南太平洋観光局 クック諸島
@cookislands_jpn

マレーシア政府観光局
@Malaysia_JP

マレーシア サバ州政府観光局
@kotakinako

カナダ観光局
@CanadaExplore

(終了)カナダ観光局キャンペーン事務局
@special_toronto

カナダ ブリティッシュ・コロンビア州観光局
@hellobcjp

(終了)カナダ観光局スタッフMY
@canada_my

カナダ オンタリオ州観光局
@OntarioJapan

アイルランド政府観光庁
@irelandjapan

南アフリカ観光局
@GoToSAJP

アメリカ ハワイ州オアフ観光局
@EnjoyOahu

アメリカ メンフィス観光局日本事務所
@MemphisJapan

スロヴェニア政府観光局
@Slovenia_Tokyo

トルコ政府観光局(?)
@visit_turkey_jp

ギリシャ政府観光局
@visitgreece_jp

英国政府観光庁
@VisitBritain_JP

日本 長野県飯山市観光局(信州いいやま観光局
@iiyama_kanko

日本 福井県小浜市(おばま観光局
@jimajimafuku

日本 東京都小笠原村観光局
@theovtb


また、発見次第追加。
posted by YuKKo at 20:25| Clip | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

独断と偏見による沖縄オススメ観光地

この前、フラリと行って来たのでまとめておく。
ちなみに沖縄=海=海水浴と言う人にはお勧めしない。

☆…絶対に行って欲しい
★…行って欲しい
◎…余裕があれば
△…暇があれば
?…あるのは知っているが行ったことがない

名護市本部町今帰仁村 周辺
海洋博公園

 ☆美ら海水族館

  ☆水族館(有料)

  ☆マナティ館(無料)

  ☆ウミガメ館(無料)

  ☆イルカラグーン(無料)

  ☆オキちゃん劇場(イルカショー、無料)

 ★熱帯ドリームセンター

 ?おきなわ郷土村…昔の沖縄の暮らしに興味ある方は

 ?熱帯・亜熱帯都市緑化植物園 − みどりの王国−

 ?海洋文化館…プラネタリウムもあるが、この地域で見る本当の星も綺
麗!

屋我地島…古宇利島に行くには通らなければならないが、海も綺麗なため、脇見運転注意。

古宇利島(古宇利大橋)…とりあえず行け。脇見運転注意。

琉宮城蝶々園・・・オオゴマダラ(蝶)が大量にいる施設。ヤシガニもいる。

ナゴパイナップルパーク…パイナップルをテーマにした施設。オリジナル商品がたくさんあるが、那覇でも買える。
ネオパークオキナワ…ヤンバルクイナ(鳥)が見られるらしいので気にはなる。

名護市役所…見た目が良い(車で通るだけで見える)

道の駅 許田…北部市町村の特産品・農産物・工芸品・魚介類がある。

瀬底島…海を眺められるドライビングは期待出来ないが、ダイビングとかで有名な場所らしい。

今帰仁城跡…寒緋桜の名所らしい。城跡も石垣しかないが、お城の雰囲気は残ってる。歩きやすい靴で!



北谷町恩納村読谷村うるま市周辺
琉球村…沖縄観光を凝縮した施設。絵巻行列と水牛と陶芸工房のシーサーがオススメ。

残波岬…断崖絶壁。え、灯台に入るにはお金がかかるの?

アメリカンビレッジ…関東から来た人は特に喜ばないよう気がしてしまう。

万座毛…象の鼻の形に似ている海岸。入場料は取られなかったと思う。入り口のお土産は買わなくて良いと思う。

御菓子御殿 読谷本店…空港や国際通りでも手に入る。建物が珍しいんだろうけど。

浜比嘉島…海中道路を通って島へ行ける。たまに海中道路で離島に行くとそのままビーチへ案内されてお金を徴収される場合があるが、ここはそんなことない!ビーチも綺麗!遺跡もある!

勝連城跡…城跡なのに無料で入れるし、休めるし、景色も最高!


浦添市浦添市観光協会
浦添市美術館…入ったことはないが、見た目がスゴい。




那覇市
国際通り…東京で言えば原宿みたいなところ。個人的には、かなり奥に入ったところに掘り出し物があったりして好き。

 ★鍵石…ちょっと変わったグッズやアーティスト作品が入手可能。安い物が欲しければ他のお店に。一番大きいお店がなくなってしまったので残念。

 ★MAX RYUKYU…物産展にも登場するオリジナルTシャツやアクセサリーなどを販売。沖縄らしいモチーフを使いながらスタイリッシュなグッズが多い。店員さんも詳しいから迷ったら相談してみて。安里にあるCASAもオススメ。

とまりん(泊ふ頭)…離島にフェリーで行く機会があれば。

波上宮…習慣的に沖縄に行ったらまず行くところ。旅の安全を祈ります。おみくじも引きます。

★壺屋やちむん通り…陶芸工房や窯元直売のお店がたくさんある通り。雰囲気も沖縄っぽくて良い(一方通行が多いのが辛いが)。陶芸体験も出来る。

DFSギャラリア…免税店。空港と何が違うかって言うと広さ。海外の免税店と何が違うかって言うと日本語がちゃんと通じるところ。

沖縄県立博物館・美術館…中には入ってことがあるが、展示室まで入っていないが、外見が良いし、ミュージアムショップも良かったから、いつかちゃんと入ってみたい。

首里城公園周辺…猫が多くいるので、構っているとおじちゃんに「持ってかえっていいさー」って言われる。今のところ、100%。首里は景観を大事にしているため、街歩きも面白いと思う。

 ☆首里城…日本では見られないタイプの城跡(中国文化の影響を受けているため)。風水で建てられているため、パワースポットと言われている。歩きやすい靴&脱ぎやすい靴で(一部、裸足で見学する場所あり)!!ミュージアムショップは国際通りなどでは見ないお土産品も多いので見逃さないで頂きたい。

 ☆城周辺…公園としてもきれいな公園のため、本殿に入らなくても雰囲気を楽しめると思う。

 ★玉陵…沖縄県最大の破風墓。王族の墓であるが、ここに入ることで一つの王国が終わったんだなと思わされる。墓を守るシーサーの顔がチャーミングだ。

 ?識名園…いつも行きたいと思って行けてない。



南城市
おきなわわーるど

 ☆玉泉洞…鍾乳洞。ネーミングは最悪だが、見る価値はあり。1
年中、温度がほとんど変わらなくて、湿気が強いため、メガネ注意。歩きやすい靴で。

 ◎王国村…沖縄の文化が体験出来る。

 ?ハブ博物公園…昔はハブとマングースショーをやっていたとか?

ガンガラーの谷…鍾乳洞が崩壊して出来た谷を解説付きで見学出来る。2000円は高いと思ったが、得られた知識を考えると相応かも。ツアーコースの見所、大主ガジュマルは一見の価値あり。

ハーブカフェ ウコンサロン…沖縄長生薬草本社の隣にあるカフェ。ランチバイキングを食べたが、美味しかった。

斎場御嶽…世界遺産の一つ。かつて最も格式高い御嶽と言われた場所。8年前くらいは無料で入れたが、今は整備されて入場料も取られるからか、観光客でいっぱい。パワースポットとも言われている。

☆ニライカナイ橋…陸上自衛隊知念分屯地から県道86号線を国道331号線と合流する方向へ行くとニライカナイ橋が渡れる。カーネビではニライカナイ橋は検索出来ないので、周辺施設を検索する必要がある。
ちなみに、ここの青い線が橋。


☆知念岬公園…とりあえず、行って、車を止めたら分かる。


今、思いついたのはこんな感じ。
沖縄観光の参考になれば嬉しい。

posted by YuKKo at 15:00| Nippon | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

旅行回想録:ドイツ ベルリン&フランクフルト・アム・マイン

2010年の9月下旬から10月上旬までのドイツ旅行について、ちゃんと記録しておこうと思って回想のベルリンとフランクフルトで気になったもの。
※画像共有サービスimg.lyを使用し、写真を掲載しています。
 写真が表示されない場合、お手数ですがクリックしてご覧ください。
 また、RSS、携帯電話では画像が表示されない場合があります

ベルリンで印象的だったのはカイザー・ヴィルヘルム教会
ベルリンの空襲の悲惨さを伝えるべく、最低限の修復を施した上で崩れたままの姿で保存されている教会。
隣にはモダン建築の新しい教会が建てられている。
どちらも印象的な建築物である。

新しい教会の入場は勿論無料。
古い教会とは全く違う雰囲気に圧倒される。


少し離れたところにあるバウハウス・アーカイブ・ベルリン
ショップにあるグッズはカッコいいグッズが多いが、限定品以外は日本でも手に入りそう。


そこから少し歩くと、日本で言う広尾や六本木のような各国の大使館があるエリアがある。
特に華やかな印象はないし、人気もほとんどない。
在ドイツ日本国大使館はココ。


大きな地図で見る

別に行っても用事はないのだが、出来れば用事がない方が良いと思うのだが、
気になった理由は、大使館がある通りの名前。Hiroshimastraße、日本語で言うと広島通り。
(何故かGoogleでは「ヒロスヒマ通り」になっているがドイツ人がどう発音しているかは知らない)


標識の上にはこのように記載されている。
「japanische Stadt (日本の都市)
 erstmalige Einsatz der Atombombe am 6.8.1945
 (1945年8月6日に原子爆弾が初めて投下された」

あんまり日本人も行かない場所らしいから、そう言うところが好きな人は是非。
ちなみに、戦前と戦後で大使館の場所が移動するケースが多かったらしいが、
ドイツとイタリアだけは戦前と同じ場所に大使館があるそう。

あと有名スポット。残っているベルリンの壁を使ったEast Side Gallery



バスツアーで回るも良し、電車で行って歩くも良し。
写真を撮るなら歩いた方が良いと思う。



ニコライ地区にも行って来たが、ニコライ教会は入場が有料。
エフライム宮殿にも行ったが、改装中かなにかで入れず。

町並みはこんな感じ。


ニコライ地区はクマスポット?


なんとなく。


街歩きで宗教系の建物。多分、ミッテ地区辺り。




あとは、外国人だから気になる色々。

メタルな家電量販店の広告。


お土産に・・・


緑茶に砂糖。


ロックな広告。ベルリン中央駅ホーム。


ロックな広告。フランクフルト・アム・マイン 中央駅前。


信号の押しボタン。欧州中央銀行前。



フランクフルトは良い思い出がないから割愛。


以上、ドイツ旅行の回想録。
帰りの飛行機で、隣の方に「次にヨーロッパに行くとしたらどこに行きますか?」と聞かれて「もう一回ドイツ」って言ってしまうほど楽しい旅行だった。
(ま、その思いは叶わないが、また行きたいと言う気持ちに変わらない)

posted by YuKKo at 12:08| Deutschland | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

旅行回想録:ドイツ ベルリン編 その2 ベルリン動物園

2010年の9月下旬から10月上旬までのドイツ旅行について、ちゃんと記録しておこうと思って回想のベルリン続編。
※画像共有サービスimg.lyを使用し、写真を掲載しています。
 写真が表示されない場合、お手数ですがクリックしてご覧ください。
 また、RSS、携帯電話では画像が表示されない場合があります



ベルリンには世界最大級の動物園があって、評判も良かったので電車を乗り継いで動物園へ。
ベルリン動物園は、動物園と海洋生物とは虫類、昆虫を展示するアクアリウムがあってどちらにも入れるチケットを購入。

日本の動物園より、柵やガラスがないから近くで見られている感じ。
日本の動物園と飼育している動物の種類も違うもんだね。
帰って来てから、ベルリン動物園最高だった!って言っても
「ドイツまで行って動物園!?」って言われたけど、ベルリンに行ったら動物園に行った方が良い!







鳥類の飼育が多いのもベルリン動物園の特徴だとか。


こっち向いて!って思うと、こうなる。子供のヒョウだね。


ライオンとかいる室内飼育エリア。ガラス越しにスナネコ発見。
猫シックな自分が一番テンション上がった。




この下に、真夜中の動物園的なエリアがあって、夜行性動物を暗い部屋で飼育しているエリアね。
入り口で現地の小学生に絡まれるが、ドイツ語分かんないからと言うことで中へ。
アルマジロが走り回っているのは初めて見た。でも、写真は撮れないな。
あとフェネックも暗闇の中を走り回ってて、超可愛い。

動物園だけど、ペンギンやアザラシもいたりする。


コレはイヌ科の何か。いつしか脱走してやろうと言う雰囲気だった。


あら、イケメン・・・って性別分かんないけど。


一番人気はシロクマ。クマの飼育数も日本に比べて多いんじゃないかな。
日本での人気者のパンダもいたけど、小さかったな。人だかりはできていたけど、シロクマほどじゃない。
ジャイアントになったら人気出るかも。

シロクマは、どれかがきっとクヌート何だろうなーと思いながら。まだ死んでいなかったから。





あと動物以外も紹介。
水を吐く(?)オブジェ。本物の動物があるのに、こんなのがたくさんあるのも面白い。


アクアリウムへ。
日本人的に、自動ドアは左右に開く物だと思っていたけど、ドイツに来たら普通のドアの様に開く自動ドアが多くてビックリした。動物園からアクアリウムへ行く入り口で、戸を引いても開かないと思ったら、受付のおばちゃんの操作で開くドアだった。

アクアリウムは魚類や無脊椎動物、大漁の蛇には虫類も充実。一番上の階は、蜘蛛がいたと思ったら蟻までいる。ワニもいたっけ?は虫類が苦手な人は外で待ってましょう。











アクアリウムを出て、もう一度、動物園を回って帰ったのでした。

ベルリン編、まだ続く。

posted by YuKKo at 17:17| Deutschland | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

旅行回想録:ドイツ ベルリン編 その1

2010年の9月下旬から10月上旬までのドイツ旅行について、ちゃんと記録しておこうと思って回想の続編。

※画像共有サービスimg.lyを使用し、写真を掲載しています。
 写真が表示されない場合、お手数ですがクリックしてご覧ください。
 また、RSS、携帯電話では画像が表示されない場合があります


旅行に行く前、たまたま見たベルリン中央駅の作りがカッコ良かったので行くことを決定。
シュトゥットガルトでベルリンに行くべく駅に向かう途中、
タクシーの運転手に「どこ行くの?」って言われて「ベルリンだよ。でも時間かかるんだよね」って答えると
「飛行機で行けばビューンなのに。」って言われつつも飛行機面倒だからイヤ。
ベルリンに行くってドイツ語の先生とかに言うと、「ベルリンはクールな街だから良いよね」って返されてた。

ただ、シュトゥットガルトからベルリンってICEで6時間くらいかかる。
電車が好きじゃない人には勧めない。

車窓から電車(DBレギオ)


ICEの食堂車の車窓から。
ずっとこんな景色でもないけど、空が広いな〜って思ってた。
一面に風車がある風景とか、日本では見られない景色が多くて飽きなかった。


ベルリン到着。


ベルリンに来たら、勿論ここでしょ!ブランデンブルク門。
でも、この先工事中。


ウンター・デン・リンデン(道の名前)の近くを散歩。
観光客が一番多い印象。でも、アジア人は少ない印象。
日本人だろうなって人も2〜3人しか見なかった。
何故か、白人の綺麗なお嬢さんに道を訊かれるが、分かる訳なかろう。



ベルリンテレビ塔も見える範囲。


ベーレン通りに移動。一気に観光客がいなくなる。
何の建物かは不明。




裏側からKomische Oper Berlin。言葉がわかったら行ってみたい。
言葉がわからないから、置いていかれると思う・・・。



近くで出会ったカラス。
始めは、鳩とカラスの間の子だとおもった。
調べた見たら、ズキンガラスと言うれっきとしたカラスらしい。
その割りには鳩と仲良くやっていたんだけど。


ドイツは何処へ行っても鳩が多い。
理由は、食べながら歩いている人が多いから、
その理由は、イート・インよりテイク・アウトの方が消費税が安いから。
結果、肥えた鳩が多い。

ウンター・デン・リンデンに戻ってお土産屋さん。よく分からない品揃え。


猫発見。ドイツに来てから、本物の猫を見てないなぁと猫シック中。
(所謂、野良猫がいない。放し飼いの猫も少ないらしい)


またしても、ぶらぶら歩く。



ドイツ歴史博物館


カール・リープクネヒト通りへ。何処に行っても見えるドイツ大聖堂。


ぶらぶら。なんだろう、サッカーかなにかの関係?




大聖堂。ここの見学のシステムは分からなかったから、中には入っていない。
でも、聖堂にお金を払うのって好きじゃない←自分勝手






続く。

posted by YuKKo at 17:49| Deutschland | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

旅行回想録:ドイツ シュトゥットガルト編

2010年の9月下旬から10月上旬までのドイツ旅行について、ちゃんと記録しておこうと思って回想の続編。
※画像共有サービスimg.lyを使用し、写真を掲載しています。
 写真が表示されない場合、お手数ですがクリックしてご覧ください。
 また、RSS、携帯電話では画像が表示されない場合があります


ICEでケルンからシュトゥットガルトへ移動。移動時間は3時間くらいかな。
シュトゥットガルトはドイツ南西部の都市。
Wikitravelによると「シュトゥットガルトはドイツで2番目に外国人比率の高い都市であるが、犯罪発生率や若年層移民の失業率は最下位である。ドイツの移民でよく見かけるのはトルコ系なのだが、シュトゥットガルトは地理的な近さによるものだろうか、ベネルクス諸国やフランスと同様アラブ系やアフリカ系の数が多い。」

日本人はあまりいない都市。
ダイムラーやポルシェの本社があることもあり、移民が多い印象を受けた。
駅の上がベンツのマークが回っていると言う。



駅前の商店街は景観を損なわない作りになっていた印象。
それもそのはず。新宮殿を中心にお店や美術館が並んでいるから。
しかし、到着が日曜日でお店は殆ど開店していないし、翌日の月曜日は美術館、博物館が休館。
もう、街をうろうろするしかないなと思い、うろうろ。

新宮殿前。



Stiftskircheかな?



確か現代美術館だった気が。結局、入れなかった。
この前にパフォーマーがいたり。
日曜日はヴァイオリンやアコーディオンの音が聞こえる。クオリティ高かった。



シュトゥットガルトのデパート。



ニッポン発見(笑)



ライヴに行って、帰って来た時は22時くらいだったんだけど
商店街は殆ど閉まって、清掃作業中。
東京の感覚だとビックリする。飲食店も片付けちゃっているから。
一番ビックリしたのは、ホテルに帰ったら入り口が閉まっていたこと。
電話も持っていなかったから、現地のビールの持ったカップルに声をかけて助けてもらう。
彼氏の方は面倒くさそうな顔をしていたんだけど、彼女さんの方が優しく助けてくれた。

体調が悪かったりで殆ど観光していないから、次ぎにいった時はちゃんと観光したい。
ライヴ以外あんまり良い思い出がないし。
路上喫煙や路上飲食(持ち帰りにすれば消費税が少なくて済むから)、鳩の数にはビックリしたけど。

行けなかったヨーロッパで最大の動植物園ヴィルヘルマとか、
ワイン作りも有名だからウールバッハ・ワイン造り博物館 とかも行きたいな。
あと、有名と言えばチョコレートRitter sport
駅の中にお店もあるけど工場も行けるんだよね。
もうちょっと調べてから行けば良かったなあ・・・。

次はベルリンへ大移動。

posted by YuKKo at 14:42| Deutschland | 更新情報をチェックする

検索ワードの感想

ブログを書いていなくても、検索していらっしゃる方も多いらしい。
そんな訳で検索ワードの感想。

「スナネコ 飼育」
→絶滅危惧種を飼育しようとしないでください。

「TOKIO 意味」
→トーキオ。東京です。

「tokio hotel 意味」
→トーキオ・ホテル。直訳すると、東京ホテル。

「かっこいい オープニング SE」
→使われているのを聴いたことないけど、Emilie Autumn「Leech Jar」がオープニングだったらカッコいい。

「カルミナ・ブラーナ forever love」
→リミックスするんですか?想像つかないのはX Japanって想定だから?

「遠藤遼一 太った」
→ここ一年見てませんので分かりませんが、太られたのですか?

「藤井麻輝 顔がよくわからない」
→そんなことありません。実は良く喋るし。実は優しいし。

「BUCK-TICK 櫻井敦司 激太り 動画」
→見たくないですけど、1994年あたりですか?ちなみに、激やせはソロの時かと。

「BUCK-TICK キリスト教」
→あんまり関係ないかな。どちらかと言えば仏教思想。

「BUCK-TICK くちづけ 影ない」
→ビデオが嫌いだから知らない。ないの?

「ドイツ語 Willkommen zurück カタカナ」
→ヴィルコメン・ツリュック?

「ドラ婦人 ぞろ目」
→Lullaby IIIね。

「マイケミ 1stアルバム」
→I Brought You My Bullets, You Brought Me Your Love

「ピエロミュージックステーション出演禁止」
→「Creature」でマイクを投げちゃったから。

「tokio hotel bill 歯がきれい」
→そうなの?

「BUCK-TICK 白のファン」
→白いタクシーを使う痛いファンの人のこと。

「The Birthday Massacre 読み」
→ザ・バースデー・マサカー。誕生日大虐殺の意。

「ホラー ヴァクイ」
→Horror Vacuiの読みが合っているのか、分かりません。

「有楽町 アリス」
FANTASY DINING 迷宮の国のアリス
 あんまり美味しくはないですが可愛いです。

「不思議の国のアリス カフェ」
魔法の国のアリス絵本の国のアリスFANTASY DINING 迷宮の国のアリス

「hmv ユーザー同時購入商品 全部おれの情報」
→あるある。

「イケメン ホラーズ」
→間違いない。

「エスカレーター ジャケット ミニマル ドイツ」
→Brandt Brauer Frick「Bop」

「クラバート 千と千尋」
→個人的には出発点も違えば、到着点も違う。クラバートの方が壮絶かな。

遠藤遼一と藤井麻輝が何故か急上昇。あとはTokio Hotelも増えたね。
ドイツ語の検索も多いし、ちょっとだけASPもある。嬉しい限り。


タグ:検索ワード
posted by YuKKo at 13:57| Log | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

旅行回想録:ドイツ ケルン編

2010年の9月下旬から10月上旬までのドイツ旅行について、ちゃんと記録しておこうと思って回想。

Lufthansaで成田〜フランクフルト・アム・マイン(以下、フランクフルト)の飛行機に乗ってドイツへ。
トイレットペーパーがなくなっていた点を除けば、快適な飛行時間だった。添乗員の男性はカッコいいし。
言うまでもなく、飛行機の中ではドイツ語が喋れなくても大丈夫だけど、日本語は通じないと思った方が良い。
そして、ある程度ドイツ語がわかっていた方が良いと思った。

フランクフルトに着いて、税関とかチェックを受けずにスルーしちゃう辺りに寂しさを覚えつつ、荷物を取りに。
その間にトイレに行って、水道の出し方で迷い、日本人のマダムに助けてもらう。
なんか、どこに行ってもトイレは最初の難関。

空港から駅に移動し、「安くケルンに行きたいんだけど」って言ったら各駅停車を案内され、
本当はICEの2等車で行きたかったんだけど、伝えられず。
ICEならはライン川を横切って、1時間ちょっとで着く距離を、
ライン川に沿って走る各駅停車で、2回くらい乗り換えて3時間くらい要して移動。
ライン川に沿って走るから、ドイツっぽい景色を眺められたから、川下りとかしなくていいやと思った。
人の乗り降りを見ながら、色んな景色を眺められたと言う点では面白かった。
でも、ドイツの時間通りに動くダイヤのおかげで、乗り換えも間違うことなくケルンに到着。

Best Western Premier Hotel Regentに宿泊。

2日目にケルン大聖堂へ。
Neumarkt駅から歩いても行けるってホテルの従業員に言われたから歩いてみることに。
少し歩いてみると、それらしき建物が。
じゃあ、もう着くだろうと思ってからが長かった。
ケルン大聖堂は世界最大級のゴシック建築であることを忘れていた訳ではないが、想像以上だった。
途中、スターバックスで朝食を取ったし。
そこで出会ったマダムが明るくて面白かったんだけど、従業員は怖かったな。
Neumarktから大聖堂までは商店街で、イタリアのブランドやら色んなお店があったが、まだ開店前。

そして到着。

ケルン大聖堂



場所はこちら。駅前大聖堂ってスゴい!

大きな地図で見る

ゴシック建築の中で世界最大であり、13世紀から建築が開始されたが財政難により16世紀に建築中断。19世紀に建築が再開されたと言われている。1996年に世界遺産に登録された。
当たりには地ビールのお店や、お土産ショップ、ちょっと歩けばブランドショップや若者向けのお店。
土日には道の至る所でイベントが開催され、音楽が聞こえる。東京で言うと銀座っぽいかな。

大聖堂に入る前に、パンフレットを配っていて「ドイツ語が良い?英語が良い?」って訊かれて、英語のを貰う。
そして、扉を開けた途端、空気が変わる。知らない間に泣いていたし。
「もう、日本に帰ろうかな」って思ったくらい、ここに来る為に色々して来たのかと思ったくらい。
内部はこんな感じ。



あんまり教会の中で写真撮るのもアレだけど。
東方三博士の『黄金の棺』を見ながら、聖堂の中を見学。
日本人の修道女の方がいらっしゃって、他の日本人の相手をしていたから話は出来なかったから、次ぎにいった時に会えたら良いな。
出口の辺りでは、キリスト像に供えられたバラの香りがしたのが印象的だった。

大聖堂を出たところで、鐘が鳴った。
鐘の音を聴くだけでも行く価値あり。

ケルン大聖堂の周辺は景観を損なわない様に努力しているらしく、離れたところからも大聖堂が見える。
近くにあるオペラハウスから見たらこんな感じ。



ちなみにオペラハウスはこんな外観。



商店街に行くところにマウス君発見。



そして、繁華街をはずれて歩いていると、教会発見。
こんな感じに見るととりあえず歩いてみる。



こういう町中の教会の方が入るのがドキドキする。
でも、写真展がやっているし、座れるし、静かだし、休むにはちょうど良い。



そして、Bioスーパー。



現代美術館とか回って、
途中電車で乗り継いで、ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルストとかも行ったんだけど、まあ、色々あってあんまり良い思い出がない。
次ぎにいったらリベンジしよう。

Melaten-Friedhof(墓地)にも行ってみたいんだけど、1人じゃ怖いかな。


そして、シュトゥットガルトに移動する。

posted by YuKKo at 20:13| Deutschland | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。