2007年06月08日

BUCK-TICK : 『Alice in Wonder Underground』

このタイトル何よ?って言われそうですが
曲のタイトルであります。


只今、Paradeと言うタイトルの全国ツアーをしているBuck-Tick。
オフィシャル・サイト、オフィシャル・モバイル・サイト共にリニューアルをし、新しいことが始まる予感をさせます。
ニュー・シングル『RENDEZVOUS』もデイリーチャートで初登場第4位と大健闘!!

続きを読む(フェス、新曲等)
posted by YuKKo at 21:52| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

BUCK-TICK : BUCK-TICK Parade初日(速報)

六ヶ月振りのBUCK-TICKライヴです。
明らかに浮いている格好で参加してきました。
横浜からタクシーを(あの距離で)捕まえて、着いたのはnakieさんのバンドの途中でした。
久々過ぎていろんな所が笑えました。
トラブルもありーのでしたが、結果面白いライヴになったと思います。
点数は…60点ですかね。
あと40点はこれからもっと良くなるだろうって気持ちを込めて。

帰りにスタッフにドリンクバーを尋ねたら「もう終わっちゃったんですよー」って、有ってはならぬ自体です。そのあとドリンクバーを外でやったらしいけど、時既に遅し。殺意を覚えました。ドリンク代って考え直した方が良いシステムな気がしました(愚痴)


セットリスト(略字、順番は自信なし)
続きを読む
posted by YuKKo at 23:59| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

BUCK-TICK : It's good to meet you.〜あなたに会えて良かった

明日からヘッドラインツアーPARADEを開催するBUCK-TICK
ツアー初日と同日に新曲『RENDEZVOUS〜ランデヴー〜』をリリースします。
ニュー・アルバムのレコーディングは5月末に終了したと言うことが樋口豊から報告されました(メールマガジンにて)


Amazon
RENDEZVOUS~ランデヴー~(初回生産限定盤)
RENDEZVOUS~ランデヴー~(通常盤)


感想等々
posted by YuKKo at 22:01| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

BUCK-TICK : 音楽と人&「REDEZVOUS〜ランデヴー〜」

6月1日に主催イベントの第二弾アーティスト発表をBUCK-TICK
個人的にはファンクラブの更新を忘れていて焦っていたりします(失笑)。

音楽と人 2007年 06月号に今井寿のインタビューが掲載されておりますので購入しました。
これは、無知識で見ていただきたい写真。
なかなかお気に入りの写真になりました。
もう、写真の雰囲気と本人のオーラが他のアーティストと違う気がしました(好意があるだけかもしれませんが)
インタビューも特に無駄ないもので、聞きたかった事を聞いてくれている感じです。
新曲の話はもちろん、髭の話とか。
タワレコでは、the pillows(表紙)とコラボしてアルバムの楽曲解説やシールなどをつけてくれたのですが、一般読者としては掲載されているアーティストが書いてある部分を隠しているため、購入するまで悩まされました。
(コラボかGWの影響で発売が早かったので余計に)

さて、来月は6月恒例、星野英彦インタビューです。
アルバムの細かい話を聞くことが出来るんじゃないかと楽しみにしております。
再来月には表紙なんて嬉しいのですが。



今日、オフィシャルホームページで、ニューシングル『RENDEZVOUS〜ランデヴー〜』のジャケット写真がお披露目。
アーティスト写真も新しいものに更新されており、ナチュラルな写真です。
でも、黒いです(服が)。ドクロ居ます。黒魔術ですか(何)

さて、ジャケット。
まだ、コンセプトが良く解らないですが、とりあえずスピード感溢れる作品になるのでは無いでしょうか。
楽しみです。
タイトルも読み方がサブタイトルとして加わりました。
「Rendezvous」は「ランデブー」ではなく「ランデヴー」でお願いします(笑)
「Rendezvous」は「十三階は月光」に収録されている「Goblin」の歌詞にも出てきます。
おかげで私は「〜(場所)集合」の事を「〜(場所)ランデヴー」と良く言うようになりました。

Amazon→RENDEZVOUS~ランデヴー~(初回生産限定盤)
音楽と人 2007年 06月号 [雑誌]
posted by YuKKo at 22:09| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

BUCK-TICK : FES ON PARADE 第一弾アーティスト発表!

6月に新曲『RENDEZVOUS』をリリースするBUCK-TICK主催フェスの公式ホームページが正式オープンし、
第一弾アーティストが発表されました!

音楽チケットなら@電子チケットぴあ

出演者
BUCK-TICK
清春
J
BALZAC
遠藤ミチロウ(M.J.Q)
土屋昌巳
RUNAWAY BOYS
AGE of PUNK
and more...


アーティスト情報はListenJapanでご確認ください〜

トリビュートアルバム(PARADE~RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK~)に参加したアーティストですね。
この人たちを同じ日に見られる機会って、絶対ないんじゃないでしょうか?


そして、6月に行われるライヴにも対バンで上記のアーティストが登場!
ちなみに、東京は土屋昌巳!!やったー。

詳しくは→BUCK-TICK Fest 2007

posted by YuKKo at 20:19| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

BUCK-TICK : 夏フェス参加決定

予感はしていたのだけど、去年のサマーソニックに続き今年もフェスに参加するバクチク。

しかも、Rising Sun Rock Festival!!
蝦夷は遠いよ〜
ENDSもSoft Balletも出たイヴェントですからねぇ。
マネージャーが出したがってた感は前からあったのでそこまで意外ではないけど、蝦夷は遠いさー。

第一弾アーティスト決定。
詳しくは、オフィシャルサイトへ!
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZO
8月17日(金),18日(土) 石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ


9月のフェスの宣伝にも効果的ですね〜〜
行くかは未だ決まっておりませんが。
posted by YuKKo at 21:14| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

BUCK-TICK : BT Fest On Parade Official Site Pre-OPEN!

現在レコーディング真っ最中のBUCK-TICK
オフィシャルサイトでニューシングルの詳細と今後のライヴが発表されました。


6月6日発売のシングル「Rendezvous」。
カップリングはなんと「MY EYES&YOUR EYES」!!
(BUCK-TICKのメジャーデビューアルバム『SEXUAL XXXXX! (デジタル・リマスター盤)』に収録されている曲のセルフカバー)
この曲は昔の曲ながらファンの人からの支持が厚いもので、年末ライヴへのリクエストでも上位の常連です。
とても可愛らしいポップチューンで、おそらくイメージするBUCK-TICKではないでしょうね。
しかも、初回限定生産では「豪華写真集付き特別ハードカバー仕様」で1890円!
また我が家にユニークなCDが増えて行くのですね・・・
写真集楽しみです。


9月に行われるBUCK-TICK主催の音楽フェスティバルの専用サイトが今日からプレオープンしました。
名前はBUCK-TICK FEST ON PARADEとなったようです。
詳しくはコチラ→BUCK-TICK FEST ON PARADEの専用サイト
4/19に第一弾アーティスト発表が行われます!


さて、今日は音楽と人 2007年 05月号の発売日。
dropzとしての星野英彦氏のインタビュが載っております。
写真3ページのインタビュ1ページ。
写真もインタビュもなかなか良いです。
興味のある方は是非→音楽と人 2007年 05月号(amazon)
来月はBUCK-TICKが音楽と人に登場です!

更にdropzのアルバムが発売に伴いオフィシャルサイトでPVをフルでオンエアー。
また、全曲試聴が可能になりました。
興味のある方は是非。

dropzオフィシャルサイトへ。
posted by YuKKo at 21:01| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

dropz 『SWEET OBLIVION』

dropz(公式サイト English/日本語)のアルバムがついに明日発売です!!
邦楽や洋楽なんてナンセンスなジャンルを超えたユニットdropz。
何も知らずに聞いた方が楽しいのかもしれません。
ちなみに、歌詞は全部ちゃんとした英語です。

VICL-62095.jpg

細かいことは言いません。
全身で耳で肌で血で脳で感じてください。


Amazonリンク
SWEET OBLIVION(初回限定盤)
*Bryan Black、Cube Juiceによるリミックスアルバムとの二枚組

SWEET OBLIVION(通常盤)

翻訳・解説付きです。

細かいことは後日書きます。
posted by YuKKo at 20:39| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

BUCK-TICK : FT.043 シングル発売&ライヴ決定!

バクチクのファンクラブ、FISH TANKから会報(43号)が届いていました。
内容はとても良い感じです(着いていない人はお楽しみに)。

驚異的な事を計画しているとは聞いていましたが、ここまでとは。
これが氷山の一角に過ぎなかったりするのでしょうか。

さて、インフォメーションのネタばれから。
続きを読む
posted by YuKKo at 21:04| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

BUCK-TICK : 感動の年末ライヴ、ストリーミング決定

只今、新しいアルバムを準備しているBUCK-TICK
昨年末、日本武道館で行われたライヴはスカイパーフェクトTV!で放映されましたが、
インターネットでもストリーミング配信が決定しました。

詳細を読む
posted by YuKKo at 23:43| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

過去記事:BUCK-TICK 13th FLOOR WITH MOONSHINE

ここ一週間、開運大掃除をしました。
そんなことしか書けないので、今日は過去の記事からネタを取ってくることにします。
私が今まで見たツアーで一番素晴らしいエンターテイメントである2005年6月末に行われたBUCK-TICK Tour「13th FLOOR WITH MOONSHINE」の追加公演である東京NHKホールのレポートです(基本櫻井敦司の事しか書いてません…一点しか見られないライヴだったのです)。
2年前の記事ですので、読みにくい所はたくさんあるでしょうね。
なるべくショートにしないと読めない長さなのでこれから編集します。

その模様が収録されているDVDは『13th FLOOR WITH DIANA』。
DVDは斬新なアングルで、意味深なサイドストーリー、3つのエンディング。
これはライヴやコンサートやショーだけでは良い表せないエンターテイメントです。




では、お付き合いいただける方は「続きを読む」へ。


続きを読む
posted by YuKKo at 22:33| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

BUCK-TICK : 音楽と人4月号

今日はとても風が強くて、砂埃で大変でした。
それでも、本屋へ音楽と人(2007年 04月号)を買いに行ってまいりました。

目的は、「ハタチノ」と言うコーナーにバクチクのギタリスト星野英彦氏が登場。
ハタチノと言うのは、アーティストが20歳の頃を振り返り語ると言うコーナー。
だから、登場する人の平均年齢は高いです。

また、CDのレコメンドのコーナーにも星野英彦氏が登場しております。
Cube Juiceのインタビュもあるのでチェック。
(ちょっとだけdropzの話があります)。

読んでみた感想等々
posted by YuKKo at 22:49| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

BUCK-TICK : THE DAY IN QUESTION 2006

2001年から12月29日恒例となった日本武道館ライヴ。
自分が参加するようになってから4年目になる。
今年は空気が冷えていたが、雨も雪も無い天気だ。

BUCK-TICKとしてのライヴは6回(サマソニを含む。)と少なかった為、雰囲気に違和感を覚えていた。
同時に、またこの日が来たのだと実感させられる。
つまり、また一年が経ったのだと。



SET LIST(順番に自信なし)

FRAGILE ARTICLE
…IN HEAVEN…
JUST ONE MORE KISS
SEX FOR YOU
MACHINE
"J"
MAD
GLAMOROUS
Tight Rope
密室
CHECK UP

残骸
Long Distance Call
極東より愛を込めて
鼓動

ENTER CROWN
降臨
ROMANCE
蜉蝣
夢魔

JUPITER
ANGELIC CONVERSATION
さくら
COSMOS

この模様はスカイパーフェクトTVで放映されるので是非見てください。
私も真面目に映像で見たいです。)

続きを読む(長いよ)
posted by YuKKo at 16:02| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

BUCK-TICK : THE DAY IN QUESTION 2006

気が付けば明日からバクチクさんはツアーです。
毎年恒例、The Day In The Questionの季節です。
仙台を皮切りに、神戸を廻り、ラストは武道館。
このセレクトのセンスを見てください。

12月16日(土) 仙台サンプラザホール
12月20日(水) 神戸国際会館・こくさいホール
12月29日(金) 日本武道館

グッズもロゴのデザインでちょっと不安だったのですが、
グッズのデザイン見て安心しました。
今年のテーマはお人形なんですか?

続きを読む:グッズとかの情報
posted by YuKKo at 20:11| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

BUCK-TICK : MORTOR(バンド)

バクチクのマネージャー日記が更新されてましたね。
XLOVERのブライアン・ブラックのユニット[Mortar]のライヴに行ったって言う内容で。
そのサイトに行って、バイオを見ていたらブライアン・ブラックの説明にこんなことが書いてありました。

The MOTOR duo are also known for their work under the alias XLOVER whose album, Pleasure & Romance, was released on DJ Hell’s Gigolo Records last year and their multiple collaborations with Felix Da Housecat include co-writing tracks off his last LP Devin Dazzle & The Neon Fever as well as producing tracks for Princess Superstar and Japanese rock god Atsushi Sakurai.


ロックスターじゃなくて、ロック・ゴットかよ!って嬉しく思ったのは言うまでもありません。
ラベル:MORTOR BUCK-TICK
posted by YuKKo at 15:24| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

BUCK-TICK : FISH TANK Only 2006 at Zepp TOKYO

2006/09/03に行われた東京公演に行って参りました。
バクチクのワンマンが久しぶりなのもあるのだけど、
世間の言うヴィジュアル系も久しぶりなのです。
だから、開場前の独特の雰囲気に温度差を感じていました。
しかも、外タレを思い出すくらいオフィシャルTシャツ率がとても高いバンドなので2〜3年間の歴代デザインを眺めていたのでした。
あまりに黒服な皆さんなので、IDチェックを待つ列は明るい葬列みたいでした。
まだ残暑厳しい9月の初めだと言うのに、こんなにブーツ姿の女性を見ることは無いでしょう。

セットリストは次の通り。
バクチクから離れていたつもりは無いのだけど、イントロクイズは苦手になってました。




セットリスト・ライヴについて
posted by YuKKo at 08:11| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。