2007年12月09日

ENDS : 感覚プログラム。

ENDSのライブは、感覚を刺激させようとする。
ライヴ会場に入場するときにある、いつもの感覚。
それは、音、そして匂い。
音はトランスなど、ダンスミュージックが多く、DJが居る場合も多い。
匂いとは、決して汗臭いとか人の匂いでは無い。
おそらく、あれはお香だろう。
チケットを眺めるよりも、チケットをもぎ取られるよりも、
その音を聞いて、匂いを感じて、ライヴに来た事を実感する。
そのライヴがENDSのライヴであると共に。

人は出来事と感覚の記憶を結びつける。
音楽によって、行動を制御するのも良いらしい。
●●するときには、××を聞くって具合に。
音楽を聴くと、昔を思い出す様に。
一つの感覚がもう一つの感覚を引き出すようにプログラムされているみたいだ。
詳しい事は、よー〜〜く調べないとかけません

スポーツ選手で、大事な試合や大会前に決まった音楽を聴く人が多いですが。
それも、音楽を聴く感覚を使う事でやる気を出すようにプログラムされているからです。

勿論聴く意外の感覚でも同じ効果が得られると思いますが、
ユビキタスな音楽はどんな場面の切り替えに効果的に使えるので、良いらしいです。
茂木健一郎が言ってました(彼は仕事の種類などによって音楽を使い分けるらしい...詳しい話は憶えてません。)

--------------------------

ちなみに私はX JAPANの「BLUE BLOOD」を聴くと勉強しなきゃ!って思います。
それは、ちゃんと勉強していた時に、BGMとして聴いていたからです。
当時ですら、時代交錯ですけどねぇ(笑)
今でも、何故それ?って思います。
posted by YuKKo at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Log | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。