2012年12月30日

2012年のライヴを振り返る 〜来日公演編

■Kyte / Team Me
■SUMMER SONIC EXTRA Hoobastank
■Digitalism
■Red Bull Flying Bach
■Hoobastank
■Kyte
■Lostprophets(キャンセル)
■“SONGS FROM ACROSS THE SEA” - A Dream Comes True Before Christmas

こうやってみると、例年に比べてあんまり行っていないもんですね・・・



■Kyte / Team Me(恵比寿リキッドルーム)
今年のライヴ始まりはKyte。ノルウェーのバンドTeam Meとの対バン。
Team Meは平均年齢がきっと若いのだろうな〜って思う見た目なのに、演奏がしっかりしていて楽しかった。ファンの人もかなりいたんじゃないかな。一人の人が複数の楽器をやるのが当たり前のようで、一人の子が弦楽器を弾きながら、打楽器もやりながら、最後はカメラまで使い始めたのを見たときは、「落ち着け!」って思ったけど。また、フェスティバルとかで来日したら、ファンの人増えるだろうな〜。
Kyteは、Ben Coxがいなくなってから初めてかな。新しいベースはKyle Brooks 。なかなかのハンサム。相変わらず、気持ちいい音楽で、相変わらず綺麗な人たちで、耳も目も満足です。この後に、来場者限定のフリーダウンロードがあったしして。この後、半年を空けずに来日するとは思っていなかったけど。





■SUMMER SONIC EXTRA Hoobastank(恵比寿リキッドルーム)
公演の直前に新作の日本盤が発売したのかな。あまり聞き込んで行けなかったと思ったら、2曲くらいしかやらなかった。即ソールドアウトの公演だったから、来ている客は大ファンの人ばかりだったようで、全曲大合唱。あたしは歌を聴きに来たんだけど、と言う葛藤と戦っていた。そして、このバンドも半年を空けずに、再来日する。このライヴの時に「11月にまた来るから」とは言われていた。





■Digitalism(赤坂ブリッツ)
ドイツのデュオ。前にオールナイトイベントに行った事はあるんだけど、クラブ特有の色んな人がいる感じがあまり好きじゃなくて、楽しめなかった。単独公演はどうだろうと思ったら、すっっっっっっっごい良かった。セットも良かったし、歌ってくれたし、赤坂ブリッツだから音も良いし。振動が服を伝わって骨を揺らす。低音が心地よすぎる。今まで知ってはいたのに、単独公演に行っていない自分を恨む程ね。また行きたい!でも、前の方は、汗塗れで出てくる人が多かったから・・・何していたんだろうね。
そう、赤坂BLITZで「BLITZ」を聴く贅沢も出来て良かったね。BLITZはドイツ語で雷だっけ?





■Red Bull Flying Bach(渋谷オーチャードホール)
バッハの曲でブレイクダンスを踊る、そんなイベント情報を目にした。「どんなイベント?」って色んな人に聞かれたけど、分からないから行くんだよ!って言って来た。仮にダンスが面白くなくても、バッハの演奏を生ピアノと生チェンバロで聴けるんだからいいじゃない勝手気持ちで。
実際、見てみてどうだったのか。最高だった。もう、スタンディングでも良いのではないだろうか。ダンスは何処にあわせるのだろうと思ったら、旋律にあわせてステップを踏んでいた。だから、見ていても気持ち良かった。リズムにハマると言うのはとても気持ち良いものだ。





■Hoobastank (横浜ベイホール)
約束通りの来日。東名阪ツアー。予定が合わず、横浜公演に行く事に。
ニューアルバムをメインに演奏されたが、全部は演奏していないのかな。カメラを客席に回させたり、大人しく見ている男性に絡んだり面白かったな。
ただ、ニューアルバムの曲調が静か目なのが多いのにも関わらず、縦ノリが多かったのは残念だったな。バンドがそういう風に煽るのは仕方ないけど、そうじゃないのはファンが聴いていないだけだからね。あと殆どのライヴの場合、カップル客ってうざいんだけど、Hoobastankってカップルが微笑ましい場合が多い。何故だろうね。どっちも好きな人が多いんだろうな。
個人的には念願の「Magnolia」が聴けて幸せでした。あるファンの方に殺意を抱いたのも認めますが、全体的に温かいファンとバンドだった。また行きたい!!



■Kyte(渋谷Music DUO Exchange)
Kyteを見るには最高の会場!今まで、Creativemanでのイベントだったのが、レコード会社主催になったせいか、あんまり客が入っていない感じだったな。とても良い場所を確保したせいで、しばらくNickの顔が直視出来なかったwww 新作メインだけど、古い曲もたくさんやって。どうしてこんなにも満たされた気持ちになるのだろうかと疑問さえ覚えるほどの心地よさ。こんな狭い会場で見られるのも幸せ過ぎる。
一緒に行った友達が、初めてのKyteだったんだけど「このバンドは生で見るべきだ!イメージが変わった!」って言ってくれて嬉しかった。同感。レコーディングで記録出来ない世界がココにあるww



■Lostprophets
来日キャンセルです。またすぐに!って話だったのだけど、色々と事件があったので、しばらく見る事が見られなそうだな。冤罪であっても、失った信用を取り戻すのは大変だろうね。Summer Sonicで見ておいて良かったけど、やっぱり見たかったよ。ちなみに、あの事件とキャンセルはあんまり関係なかったはず。信じて待ってる!



■“SONGS FROM ACROSS THE SEA” - A Dream Comes True Before Christmas(渋谷アンダーラウンジ)
ネイト・バーカロウ、マット・エンブリーがアコースティックギター一本でパフォーマンスするチャリティイベント。両日行って、色んな思い出がありすぎて、説明出来ないんだけどwww Finchの曲もたくさん聴けたし、Mattのパフォーマンスも良かった!Finchは来年再結集の予定で、来日公演も前向きに検討中。とても楽しみ!




素晴らしいショウがたくさん見られて、幸せな1年でした。
この中で一番を決めるとしたら?とても悩むけど、Digitalismで!
posted by YuKKo at 21:10| Log | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。