2006年08月14日

Summer Sonic 06 : 全体の感想

身体中が痛い。久しぶりに身体全体筋肉痛と言う症状。まるでロボットのごとく起き上がり、すぐ倒れる。

この症状になったのも、昨日は最高の時間を過ごせたからだ。しばし、思い出の浸りにお付き合い頂きたい。


SUMMER SONIC 06 @ TOKYO 2nd Day

今年は、例年以上に緻密な計画を立てて挑んだのですが人間は、大好きな気持ちさえあれば限界が突破できる!事を実践したと思う。


ちなみに、見たのは
10 Years
ELLEGARDEN
Lostprophets
My Chemical Romance
BUCK-TICK
Linkin Park



・10 YEARS
 Kornファンの知り合いから薦められて、千葉マリンスタジアムに下見に来たら、丁度よく始まったのでしばし鑑賞。Kornの前座を務めたって話は聞いていたが、とても気に入った。良い出会いだ。3曲くらい聞き終わった後に「アルバム聞きたいかも」って思わせるのは凄いと思う。そして、オルタナにおそらく分類されるのだろうと言う多彩な曲。全く飽きず、最後まで凝視。リズムや展開も変則的で好き。パフォーマンスも本当に素晴らしく魅かれた。

・ELLEGARDEN
 ノーコメント。

15:00頃、マリンスタジアムのアリーナ席へ移動。

・LOSTPROPHETS
 前に前進前進(MCRに備えて)。IAN(Vo)がカッコいい!見つめるほかない。衣装変える前が好き。まあ、曲を聴いていたと言うよりは、客席内の戦争が楽しくて。久しぶりにスタンディングで争ったな!って感じでした。楽しかった。今度は音源で、ちゃんと聞きます!モッシュの下に居たのも初めてだったが、モッシュ未遂も初めて見た。

・My Chemical Romance
 も心が爆発しそうなくらい待ちに待ったバンド。出会ってから2ヶ月程度とは思えないほど待ちくたびれた。こんなにアリーナに女がいっぱいいるもの珍しいと思う。しかも、女の外人さんが多いんですよ、グローバルな追っかけ?場所が場所だけに、動けない…本当に山手線の混雑なんて目じゃない。手を動かしたい、手を出せた、しまえない!っていう状態。まぁ、自分の事なんてどうでもいいので、ステージの話。

 噂の金髪Gerardは爽やかに見えた。「アイシテルヨー、トーキョー」と連発。一曲目の「I'm Not Okay」で既に客と大熱唱。新曲を二曲(「Dead」と「House of Wolves」)も披露。

 個人的には本当にあんな近くで見られた事が本当に幸せだった。今度は、ワンマンをニ公演やってもらって、前と後ろで見たいかも。客席の様子が全く持って分からなかったんで(苦笑)。また違う記事で細かい事を書きます。


・BUCK-TICK
 MCRの後タクシーを即効捕まえ、幕張メッセへ移動。間に合った、BUCK-TICK!自分の身体はぼろぼろなのに、メンバーが出てくると元気になるのが不思議。

 BUCK-TICKも黒尽くめで登場。一曲目「夢魔」をやるまでは良かったけど「Passion」でBUCK-TICKワ ールド大全開。SUMMER SONICっぽくないセットリスト。「ノクターン」や「ROMANCE」「MAD」など、ノリは置いておいてステージ栄えする曲を持ってきたな!と感じた。状況に合わせるのではなくて、自分たちの音楽をやるのってカッコいいと思う。最後は「Ash-ra」で終わりました。これも、違う記事で書きます。

・Linkin Park
 またまた、バスでマリンスタジアムに移動。二枚しかアルバムをリリースしていない事もあってそこまで聞いて居ない私でも「あ、聞いた事ある」って言ってしまうほど。マリンスタジアム全体がLINKIN PARK色に染まり、次に本公演するのならば武道館は無理だろう、って思わざるを得ない熱気に包まれた。Chesterの歌い方が魂の叫びのごとく思えてきた。ステージに客を上げて、言う言葉を翻訳させたり、不思議な事も沢山あった。たぶん、その程度の英語だったらみんな分かると思うよ?レベルだったけれど(あのステージに上がった客は英語が出来なかったって噂)。アンコールも終了しChesterがステージから大サービスをしているときに花火が。

夏の始まり、夏の終わり。

花火が終わったあと、ステージ見たらChesterがまだいてびっくり。


その後は、もう、本当に熱中症による頭痛と戦いながら帰ったとさ。
posted by YuKKo at 13:42| Festival | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。