2011年01月25日

Hurts Japan Tour 2011

-Band
Hurts

-Date
2011/01/14(Fri) 19:00-20:00?

-Venue
Shibuya Duo Music Exchange

- A ticket
¥5,000


今年初めてのライヴはHurts。会場もJamiroquaiがプロデュースしたShibuya Duo Music Exchangeで雰囲気もピッタリ。客層は想像通り、若い女性が多かったかな。でも、無理矢理押すようなこともなく、いい雰囲気で見られたと思う。

CDの雰囲気とは違ったライヴアレンジがとてもカッコいい。コーラスの男性も本当にプロを連れて来たんだと思ったし、サポートメンバーのキャラクターもしっかりしていて、演奏シーン以外動かない!でも、メンバーは同じようにキャラクターを作り込んでいると思いきや、結構楽しそうに歌ったり演奏したりしている。ただ、曲が終わる度にバラを客席に投げ、マイクスタンドの下にはバラの花びらが散っている図が、途中からおかしくなって笑いそうになっていた。だから、途中からTheoを見ずにAdamばかり見ていた。しかし、Theoは始めはカッコ付けて歌っていると思いきや、途中から激しく動いたりして意外だった。マイクのコードをぐるぐる回すし。途中で、見られているような気がした時があったのだが、彼の彫りの深さと逆光で目が見えなくて、反応に困ってしまった。「Stay」の時は合唱だったのだが、彼がマイクを通さずにオーディエンスと一緒に大声て歌っている様子は好感だった。外国のアーティストが日本語を喋るのは嬉しいが、彼のセレクトした言葉が「大好き」だったのも更に嬉しかった。一方、Adamは曲が始まる時は呼吸を整え、足でリズムを取りながらキーボードを弾く。これも狭い会場ならではだが、呼吸を整える音さえも聞こえた。ギターを弾いて、キーボードの前に帰って来たら指を飲み水で何度も洗っていたので、怪我したのか?と不安になる一面もあった。演奏シーンはクールであったが、曲の間で見せる笑顔が魅力的だった。

「Unspoken」から始まったシングル曲「Wonderful Life」ライヴは「Illuminated」で終わった気がする。兎に角、「Illuminated」は好きな曲だったので、演奏された瞬間、ライヴアレンジがカッコよ過ぎて泣きそうになってた。アンコールは「Better Than Love」のみだったが充分な内容だった。

翌日のAdamが急病で帰国したのは、先ほど知って、たまたま1日目を見ることが出来てよかった。また来日したら、また行きたいバンドだ。そして、しばらく先かもしれないが、次回作も楽しみで仕方がない。

YouTubeで「Illuminated」のライヴの映像があるので、ちょっと雰囲気を分かって頂けたら。


タグ:hurts
posted by YuKKo at 20:23| U.K | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。