2011年01月04日

ブログ:『バラ・グラフィック』

素敵なブログ紹介。グラフィック・デザイナー、アート・ディレクターの秋田和徳さんのブログ『バラ・グラフィック』。雰囲気を分かって頂きたく、スクリーンショットをペタ。

秋田和徳ブログ『バラ・グラフィック』


日本人アーティストではAuto-Mod、BUCK-TICK、SADS、Dir en greyのジャケットを担当しているかと思えば、昨年大ヒットしたらしい『ベルサイユのばらカルタ』、海外アーティストだと日本で観光されたQueenの『オペラ座の夜』のブックデザインなどを担当。

私との出会いはBUCK-TICK『十三階は月光』、それに伴うツアー「13th Floor With Moonshine」のグッズだった。櫻井敦司が秋田和徳氏の話をする時に「真っ赤な事務所の秋田さん」って言っていたのを思い出す。そんな印象から、数年後、秋田氏が解説したブログの背景は真っ赤。妙に納得してしまった。

『十三階は月光』は思い入れの強すぎるアルバムだ。CDのカバーからグッズから、ステージから何もかもが好きだった。

そして、ブログを読み始めたら止まらなくなり、その中でも驚いたのは『十三階は月光』で活躍したダイヤ柄の元はフレディ・マーキュリーだったってこと。

このブログで面白いのは、空想ジャケット。もし、秋田氏がジャケットデザインを担当したならば、と言うテーマで制作している。

デザインに興味のある方、ラフィック・デザイナー、アート・ディレクターに興味がある方は是非、購読を!
ラベル:ブログ BUCK-TICK
posted by YuKKo at 20:03| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。