2009年12月31日

2009年に発売したアルバムを振り返る

2009年もお世話になりました。

毎年思うのが、去年の自分だったら信じられない事ばかりだということ。2009年は特に、去年の自分と会ったら驚かれそうです。

2009年CDが不作だったと言う方を良く聴くのですが、私は大豊作でした。まあ、種の蒔き方を変えたとか、面積を増やしたとかそう言うレベレルでもあるのですが。

そして、ライヴも数えないと分からないのですが、ライヴがなかった月が1月だけだったと言う素敵な年でした。BUCK-TICKだけでも20回近く行ってしまったみたいです。ちょっと行き過ぎですね‥‥。

さて、2009年発売のCDをバンド名ABC順で振り返ります。

クラッシュ・ラヴ

クラッシュ・ラヴ

  • アーティスト: AFI
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2009/09/23
  • メディア: CD


来年の2月に来日が決まったA.F.I。ヴィジュアルが前作と全く変わって、誰?と思いました。前作はエモっぽさが強かったのですが、今作はシンプルにA.F.Iらしい作品になっていると思います。そこまでちゃんと聴けていないので、来日公演までにしっかり聴きます。

ザ・クラウズ・オヴ・ノースランド・サンダー

ザ・クラウズ・オヴ・ノースランド・サンダー

  • アーティスト: Amberian Dawn
  • 出版社/メーカー: マーキー・インコーポレイティド
  • 発売日: 2009/04/22
  • メディア: CD


琥珀色の夜明けを意味するフィンランドのシンフォニック・メタルバンド。今は新作を製作中との事。メロディの良さと、しっかりと構築された曲で文句のつけどころがない。この出会いは、結構大きかった。ここから、いろんな音楽を探すのが楽しくなって来て、止まらなくなった。でも、その衝動のおかげでいろんなアーティストを聴く事が出来た。

ザ・クライング・ライト

ザ・クライング・ライト

  • アーティスト: Antony and the Johnsons
  • 出版社/メーカー: Pヴァイン・レコード
  • 発売日: 2009/01/23
  • メディア: CD


ジャケットに惹かれ、視聴10秒以内で購入を決定。音楽の聞き方を変えるほどの作品でした。音楽と呼吸に関係がこんなに深い物だと実感させられた作品。前作も聴いたけれど、このアルバムが持っている雰囲気は独特。「Epilepsy Is Dancing」のビデオも逸品。生で聴いたら泣いてしまうかもしれない。

Wer Sonst

Wer Sonst

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Trisol
  • 発売日: 2009/10/26
  • メディア: CD


2009年で一番、大きな変化はASPに出会った事だろう。この作品はアルバムではなくてシングルだが。メインの曲は次回のアルバムに収録されると思われる。リミックスにClan of Xymoxが参加しているのだが、初めて聞いたとき泣けた。Clan of Xymoxの色が出ているのに、ASPの良さも消えていない良いリミックスだった。

Compass

Compass

  • アーティスト: Assemblage 23
  • 出版社/メーカー: Metropolis Records
  • 発売日: 2009/10/20
  • メディア: CD


アメリカ出身のミュージシャンで、Clan of XymoxとかThe Birthday Massacreとかと同じレーベルらしい。聴いたら納得するが、出会いは HMVのASP作品の同時購入作品の一つだったこと。ジャケットが気に入って、音も気に入った。この前届いたばかりだから、まだちゃんと聴けていない。現段階でASPとClan of Xymoxと似たものは感じる。この手の音が好きな人は、絶対好きだと思う。ただ、自分にスキンヘッド好きなのかの疑惑が湧いた。

The E.N.D. (Energy Never Dies)

The E.N.D. (Energy Never Dies)

  • アーティスト: Black Eyed Peas
  • 出版社/メーカー: Interscope
  • 発売日: 2009/06/09
  • メディア: CD


意外に良かったと言うか、色々勘違いとか思い込みが多かった事に気づいた。ちょっと南半球っぽい感じが好き。

memento mori(初回生産限定盤)(DVD付)

memento mori(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト: BUCK-TICK
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)
  • 発売日: 2009/02/18
  • メディア: CD


思い出がたくさんのアルバム。なんだかんだで、最新作が一番と思えるバンドって良いなと思えた。さりげなくチャレンジも多い作品でもある。歌詞もとても良くなっていると思う。ライヴで、昔の作品が同じセットリストであっても違和感なく演奏出来ていたと思った。こういうのを集大成と言うのかもしれない。次はどうするんだろうね。

アウト・オブ・アッシュズ(初回限定バリュー・プライス盤)

アウト・オブ・アッシュズ(初回限定バリュー・プライス盤)

  • アーティスト: Dead By Sunrise
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2009/09/30
  • メディア: CD


LINKIN PARKのChester Benningtonのソロプロジェクト。思っていた以上に普通だった‥‥。そこまで聞き込めていないけど。来年は渋谷AXと恵比寿リキッド・ルームで来日公演をやるとか。


Opheliac

Opheliac

  • アーティスト: Emilie Autumn
  • 出版社/メーカー: The End Records
  • 発売日: 2009/10/26
  • メディア: CD


ドイツ・イギリスのレーベルが、ASPと同じレーベルである事から知ったEmilie Autumnのリイシュー盤。初めて歌っているEmilieを聴いたが、これがカッコいい。エレキサウンドや、シンフォニック系のサウンドはありふれている中で、シンプルで無駄がないサウンドは貴重。そして、エレキヴァイオリンを使ったエレキサウンドも痺れる。ヴィジュアルやパフォーマンスも含めて、日本で売り方さえ間違えなければ、一部の市場で大ヒットを生めると思っている。

LIVE IN JAPAN

LIVE IN JAPAN

  • アーティスト: Finch
  • 出版社/メーカー: IN-N-OUT RECORDS
  • 発売日: 2009/09/09
  • メディア: CD


Finch来日公演のCD。音の悪さは否めないが、ライヴの雰囲気が伝わるいいアルバム。良いライヴだったから当然のことだ。

21st Century Breakdown

21st Century Breakdown

  • アーティスト: Green Day
  • 出版社/メーカー: Warner
  • 発売日: 2009/05/15
  • メディア: CD


Green Dayを初めて聞いたが、ライヴで聴いたら楽しいだろうなと思うくらい。「Viva La Gloria?」は好きだけど、これはプロデューサーの好みなのか?

For(n)ever

For(n)ever

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Island
  • 発売日: 2009/01/27
  • メディア: CD


良かったですね。初めて、ちゃんと聴きましたけど。サマソニでは日が合わず見れなかったから、次回はちゃんと見たい。

ザ・モンスター

ザ・モンスター

  • アーティスト: Lady Gaga
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2009/11/18
  • メディア: CD


才能あふれる女性。でも、まだ20代前半だと言う。曲も歌い方の使い分け方とか好きだけど、やはりヴィジュアルとスタンスが好き。以前の来日は白ロリだったとのことだけど、4月の来日では一体どんな格好かが楽しみ。横浜アリーナの追加公演は凄い。この前のRoyal Variety Performanceのパフォーマンスの映像もとても良かった!本人はもっと激しい事をやりたかったらしいけど。

The High End of Low

The High End of Low

  • アーティスト: Marilyn Manson
  • 出版社/メーカー: Universal
  • 発売日: 2009/05/26
  • メディア: CD


前作の『Eat Me Drink Me』は、今までのエレクトリックさをアコースティックとか、バンドらしくした中にマンソンらしいリズムが隠れている感じが好きだったのだけど、今作はそんなに・・・。この人は私生活で追い込まれた方が良い作品が出来るのでは?そして、10月のV-ROCKフェスでは、かつてのLoud Parkのように客が引いて行き、ワンマンライヴでは「Rock Is Dead」「Beautiful People」でも大して盛り上がらなかったと言う話。気楽に行けるライヴも良いと思うけど、曲を好きな人がたくさんいるライヴの方が良いな。

ザ・ボーイ・フー・ニュー・トゥー・マッチ(初回生産限定盤)

ザ・ボーイ・フー・ニュー・トゥー・マッチ(初回生産限定盤)

  • アーティスト: MIKA
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2009/09/16
  • メディア: CD


素晴らしい!ライヴも素晴らしかった。たくさんの楽しい思い出をありがとう!本当にミュージシャンとして、アーティストとして、パフォーマーとして素晴らしい!

The Resistance

The Resistance

  • アーティスト: MUSE
  • 出版社/メーカー: Warner Bros.
  • 発売日: 2009/09/15
  • メディア: CD


去年の自分が聴いたら一番驚くのは、MUSEを聴いている事かもしれない。聴いてみたら好きだったんだよ!って言う感じ。来日公演に向けてMUSE強化期間に入る。本当に良いアルバムだね。好き。


Exploding Head

Exploding Head

  • アーティスト: A Place To Bury Strangers
  • 出版社/メーカー: Mute Records
  • 発売日: 2009/10/06
  • メディア: CD


1枚目(前作)で完成していた感じが合ったから、2枚目(今作)は同じような感じになっちゃっているのかなと思って聴いたら、前作以上。それにラウドサウンドだけでなく、メロディが断然良くなってた。


インヴェイダーズ・マスト・ダイ(DVD付)

インヴェイダーズ・マスト・ダイ(DVD付)

  • アーティスト: The Prodigy
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2009/02/18
  • メディア: CD


アルバムとしては聴けてないのが実情だけど、ランダムでまわされると気分が良くなる曲がたくさん。よく出来てるよね。そして、仕事でいっぱいいっぱいのとき「Take Me To The Hospital」が離れなくなる(そのまま)

ファイン・ファシネイション

ファイン・ファシネイション

  • アーティスト: Red Light Company
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)
  • 発売日: 2009/03/25
  • メディア: CD


サマソニでのキラキラが忘れられず購入。ライヴで聴いた曲はこれ!って思えた事が嬉しかった。歌詞も店舗の割に暗い感じで好き。最近、全く動きがないみたいだけど、今度はワンマンで来日して欲しい。


INDEX-SOFT BALLET 89/95

INDEX-SOFT BALLET 89/95

  • アーティスト: SOFT BALLET
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 発売日: 2009/10/28
  • メディア: CD


Soft Balletの11枚組ベスト。まだ全て聴けてない。もう手に入らないリミックス版やライブ版が入っているのは嬉しい。ただ、インタビュー集も読み応えがあると言うよりも、衝撃の内容。しかも、遠藤遼一だけメールインタビューって何故?w

六花ノ音

六花ノ音

  • アーティスト: 睡蓮
  • 出版社/メーカー: tearbridge records
  • 発売日: 2009/03/11
  • メディア: CD


3部作の最終章だけど、一番良い作品になっていると思う。特に「浸透して」に出会えたことが嬉しい。

THE DAWN

THE DAWN

  • アーティスト: 睡蓮
  • 出版社/メーカー: tearbridge
  • 発売日: 2009/12/23
  • メディア: CD


この前書いたので割愛。


東京ディズニーランド ディズニー・ハロウィーン2009

東京ディズニーランド ディズニー・ハロウィーン2009

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WALT DISNEY RECORDS
  • 発売日: 2009/09/23
  • メディア: CD


ディズニーランドのハロウィンに入っていないが、サントラは聴いた。ショーではなくて、パレードのため同じメロディのループ。Villainsが悪者の代表なのかな?でも、最終的に超良い奴っていうか、多分、本当は良い奴。Banzai!

東京ディズニーシーディズニー・ハロウィーン

東京ディズニーシーディズニー・ハロウィーン

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント
  • 発売日: 2009/09/23
  • メディア: CD


これは好き。友達曰く、「ミッキーの空気の読めていない所が聞き所」らしい。最後の花火の曲も音源化して欲しい。

三文ゴシップ

三文ゴシップ

  • アーティスト: 椎名林檎
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2009/06/24
  • メディア: CD


彼女らしい作品なのだけど、駄目なんですよ、女性ヴォーカルもので、曲の途中に男性の日本語ラップ?が入っている曲。だから、ちゃんと聴けてない・・・。残念。



それでは、来年もたくさんの良いライヴと良い音楽と良い出会いが出来ますように。
posted by YuKKo at 18:20| Log | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。