2009年09月14日

BUCK-TICK : memento mori -Rebirth- at YOKOHAMA BLITZ

BUCK-TICKの今年2回目のスタンディング・ツアー memento mori -Rebith-の初日 YOKOHAMA BLITZ公演に行ってきました。実質2DAYSで、横浜をうろついていたため、足がパンパンでしたが、ライヴが始まれば何のその。目の前の人に疎まれようが、痛いモノが当たろうが、足を踏まれようがめげずに観てきました。

80年代と思われるBGMが流れる中、ステージにはシンプルで豪華なセットに、黒地に白のロゴがステージ後方に。

オープニングはホールツアーで使用されたインストのアレンジ。殆ど原型がないと思ったが、途中で聞き慣れたmemento moriのフレーズらしきものが聞こえた気がする。
歓声の中メンバー登場。

衣装は櫻井敦司のしか覚えていない‥バックに大きな十字の柄の入ったレザーらしきジャケット。My Chemical RomanceのGerardが好きそうな形。脱いだら、フロントがフリルのYシャツと思いきや、半袖と言うよりはノースリーブにフリルの袖が付いたようなイメージ。逆光の中だと短い羽のようだった。

演出については、最後に書くとするのでパス。

アルバム外からは「LIMBO」「BUSTER」「キラメキの中で…白鳥の湖 ver.」
アンコールは 
1.「Misty Blue」「地下室のメロディ」
2.「GALAXY」「Revolver」「HEAVEN」

アンコール1の2曲はイントロからアレンジが聴いていて本当にカッコいい。
元の曲よりも、自分好みにRebirthしてくれたと思います。
特に「Misty Blue」は、全てが絶妙に構築されていて、リズム似ついて行くヴォーカルのスピードがずれているようでずれていないラインを行っていて、異常な心地よさを与える。更に気味の悪いコーラスの打ち込みはASPの初期を思い出させる。これは、音源化して欲しい!やっぱり、こっちの方向に来てくれるんでしょうか。次回作が今まで以上に楽しみになった。

次回は、赤坂。
1日しか行けないが、記憶を保てる自信が無い番号だ。


posted by YuKKo at 19:13| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。