2009年09月13日

BUCK-TICK : Fish Tank Only Live 2009 at Yokohama Blitz

BUCK-TICKのファンクラブFISH TANK限定ライヴ1日目、横浜BLITZ公演に行ってきました。実質、TOUR memento mori -Rebirth-と2DAYSだったため、あんまり覚えておりませんが、楽しかったのは確かです。
いつも以上にお客さんが濃くて、色々とお勉強になりました。どれくらい覚えていないかと言われたら、櫻井敦司の衣装もあんまり覚えてないくらいですかね。


さて、覚えている事を書いておきます。

800番を超えた時には20番飛ばしの適当な整理番号コールで呼ばれた入った会場。会場から珍しく本人たちの曲が漏れているなと思って入ってみると、ムービーがスクリーンに!メンバーのインタビューにライヴ映像を織り交ぜながら、4〜7月まで行われた全国ツアーを振り返る15分程度の映像。最後は、これから始まるライヴへの意気込みをそれぞれ語る。ライヴ前にライヴ会場でライヴ映像を見ると言う事に違和感を覚えつつ、しっかり観ながら、たまにファンの皆様方と一体感。

アップライトベースについて、樋口豊が
「自分より背の高い楽器を持つ訳じゃないですか。「Coyote」のデモを聴いた時に使おうと思った」とか。

櫻井敦司がスタンディングライブとホールとの違いに付いて、
「こっちが引いちゃうと負けちゃいそうになるんですよね。何課目も“生きてます!”って感じじゃないですか。」とか、
同じテーマに付いて今井寿は
「(スタンディングもホールも)変わんないっすね」とか、
「やっぱり熱くなっちゃいますよね、ドラマーは冷静でなきゃ行けないのに」と、サラっと行ってしまうヤガミトールであったりとか、(熱くなるだけのドラマーをたくさん知っているけど)

これから始まるライヴに付いて
「いらっしゃい」と言う星野英彦であったり、
「盛り上がってるかい(棒読)。これから違う人が出てきますので楽しんで行ってください」と言う櫻井敦司であったり。

オープニングは、なんだっけ。 Theme of B-T?
本編は翌日の「memento mori -rebirth-」とほぼ同じ。1〜2曲違うくらい。
アルバム外の曲は「LIMBO」「キラメキの中で…(白鳥の湖 ver.)」「モンタージュ」かな。

アンコールが「地下室のメロディー」「極東より愛を込めて」「REVOLVER」「JUST ONE MORE KISS」「EMPTY GIRL」。

櫻井敦司がマラボーだったって事くらいしか覚えてない。
今回は、見える事にそこまでこだわらずに楽しんできた。
前の方に行っても楽しくないバンドなので、客席の真ん中あたりでいい感じにスペースも合って楽しかった。

セットも面白くて、照明は派手だったけど、もうなんでもいいや。

「勝手にしやがれ」で櫻井敦司がセットに登って降りるのに躊躇していたのは。猫みたいだな。

うーん、思い出せないので、これくらいで。

posted by YuKKo at 19:03| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。