2009年08月19日

BUCK-TICK : memento moriの謎たちを解決

BUCK-TICKのツアー memento mori が終わってから一ヶ月半くらい経って、次回のツアーが後一ヶ月を切っている今日この頃。

何となく、ツアー memento mori で気になった事が小さく解決しているので記録。

1. 開演前BGM
Sparks「ディスタウン」を使っているのは知っていたが、もう1曲発見。

Nine Inch Nails 「6 Ghosts I」。

Nine Inch Nailsの2003年のアルバム『Ghost I-IV』に収録されている。
このアルバムは<Ghost I>から<Ghost IV>までの4パートを各9曲づつ、全36曲で構成された2時間以上にも及ぶインスト・アルバム。
<Gohst I>の9曲は専用サイトhttp://ghosts.nin.com/)フリーダウンロード出来る事でも話題になった。


Ghosts I-IV

Ghosts I-IV

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: The Null Corporation
  • 発売日: 2008/04/16
  • メディア: CD






2. NHK HALLに居た招待客
ホールから出たら人だかりが出来ているから嫌でも気づくって程、いっぱい居た招待客。

Genetの隣に居た人が気になっていたが、やっと分かった。
原田喧太(原田ケンタ)。

明らかにバンドマンのビジュアルで、
パーマと、眼球の大きさが水嶋ヒロを彷彿。
でも、メタルバンドに居そうな服装だった気がするけど。

ちなみに、俳優 原田芳雄のご子息。

あー、スッキリ。
posted by YuKKo at 15:47| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。