2009年07月05日

BUCK-TICK : Tour 2009 memento mori(4)

BUCK-TICK:Tour 2009 memento mori(3)より続く。

なんて表現すべきなのか、うーん、キャバレー音楽と言うよりはストリップ的な音楽を今井寿が演奏する。そして、センターにスポットライトが当たる。髑髏ちゃん劇場、とでも呼んでおこうか。マイクスタンドに設置されたままの髑髏に、丸いパイプ椅子に座った櫻井敦司が絡む場面だ。ひたすら語りかけても当然黙っている髑髏ちゃんに「髑髏ちゃん、いっつも黙って」「もう、つれないんだから!」「髑髏ちゃん、お酒ちょーだい!お・さ・け!」と言っているもんだから、髑髏ちゃんはバーのマスター的な存在かしらと思っていたが、最終日には一緒に仲良く飲んでいる酒飲み仲間のように思えた。「髑髏ちゃん、寒かったでしょう?」とか。「髑髏ちゃん乾杯しよう!」と言う事で、乾杯!「Lulluby III」へ。

引き続き、椅子に座ったままの櫻井敦司。椅子に座ったまま、大きく腰を揺らし、肩を揺らす。指を鳴らしながらのときもあったような。「ケセラセラ」の時は、両肩を揺らし、「アブサン」を飲んでは、ロックグラスを投げ割るような。「13のぞろ目」を眺めてみたり、「メフィスト」は髑髏ちゃんだったり。「夢見がちの君」は客席を指してみたり(笑)、「錆びた茜のカミソリ」で、頸動脈を当ててみたり。

「さあ、歌いましょう。皆さんのフレーズは簡単です。‘愛 愛’といったら‘ラヴ ラヴ’と言えば良いんです。はい。‘愛 愛’…」と櫻井敦司に寄るレクチャーがあったが、本人的には客に降ったつもりが、客がついて行かず、ずっこける場面も。「天使は誰だ」へ。NHK公演では、照明がいつもに増して眩しく、これこそBUCK-TICKの照明!と言う感じ。とても黄色いイメージ。途中で赤が入ったような。今井寿パートは緑?間奏部分では、客席と手拍子。唄が始まると止まるあたりが日本らしい。最後は、今井寿と腕を組んでマイクを向けてあげる場面も。最後の最後は一緒のマイクで一緒に「Love Love」と歌う。

<<追記START(何故か書くのを忘れた)>>

原色と白が黒に縁取られ、それがマーブルする「スズメバチ」。連続的に見て居ると慣れて、何とも思わないのだが、久しぶりに見ると、その色合いに吃驚する。櫻井敦司は雛壇のセンターで、マーブルの光で影だけが見える。両手を手首を縛られているように上げて、腰を揺らしながら踊る。他の曲とは違うセクシーさがある。セクシーと言うか、エロいって表現が適切かもしれない。ゆっくりとしたリズム、ドライさとウェットさを兼ね備えた雰囲気。歌い方も少しずつかえていて、「突き刺して」の歌い方はどんどん鋭くになって行ってよかったと思う。本当に、噛まれそう・刺されそうだ。この曲も天井のモニターを使用していて、当初の記憶は黄色と黒で、柄はLove and Rocketsのジャケットみたいだった覚えがある。最終的には、Windows Media Playerの視覚エフェクトにあったような柄と色だったけど。イントロとアウトロは気味の悪いマーブルで、途中は薄紫でソフトフォーカスの流線。
<<追記 END>>


白い照明が客席を照らし、インストが流れる。唄は「セレナーデ」を繰り返す。声は生っぽいけど、途切れさせ方がソフトっぽい感じが。「セレナーデ -愛しのアンブレラ」へ。今井寿は雛壇のドラムよりの階段に腰をかけてギターを弾く。櫻井敦司は歩きながら、歌う。一番左と右のスクリーンにはメンバーの影が映し出される。特に派手な照明や映像等はなく、ある演出と言えばその影くらいあろうか。

スクリーンには、乾いた土と枯れた樹木が映し出される。雲は早く流されて行く。「今日はありがとうございました」と言う櫻井敦司の礼で始まる「HEAVEN」。映像はまるで空を飛んでいるかのように雲をかき分けて行く。この曲の櫻井敦司の動きが、本当に美しい。サビでは映像が消え、スクリーンがクリーム色に照らされる。何度かラストに演奏されているせいもあり、自分の中では終わってしまう曲になっていたため、最終日は少し寂しくなって泣きそうになってしまった。

曲も終わると、今井寿を残しメンバーはステージを去る。照明は暗くなり、青と赤の照明が今井寿を照らす。映像は、青空に雲のまま。打ち込みに合わせて、低音のギターを鳴らす。少し、ヘヴィメタルっぽい。とてもカッコいい。なんだかんだで、ゴスっぽい方面に行くんじゃないかと思った。この方向性で行ってくれるととても嬉しいのだが、今後どうなるか全く分からなくさせる。


本編終了。

BUCK-TICK:Tour 2009 memento mori(5)へ続く。
posted by YuKKo at 17:22| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。