2009年07月05日

BUCK-TICK : Tour 2009 memento mori(2)

記事「BUCK-TICK:Tour 2009 memento mori(1)」より続き。

ストロボの残像を残しながら、ステージが再び暗くなる。センターに上から2つ程度のスポットライトがマイクスタンドを照らし、櫻井敦司が挨拶。観客への感謝の言葉と、「最後まで楽しんで行ってください」と一礼。そして、次の曲「Motel 13」を囁きながら紹介。

イントロで、ギターを弾く順番に斜め後ろからライトを当てられる。最初のフレーズは星野英彦のため、星野英彦の客席から観て右斜め後ろから逆光。そして、櫻井敦司がそっと近寄る。次のフレーズは今井寿のギターが絡んでくるため、今井寿にも左斜め後ろからの逆光。そして、櫻井敦司がそっと近寄る。ベースとドラムが絡んで来たときには櫻井敦司はセンターに帰っている。唄が始まると、センターのフットモニター(コロガシ)に股がり馬乗り。体を大きく揺らしながら歌い続ける。照明はブルーの水玉でステージを上方から照らす。スポットライトもブルー。だからこの曲は限りなくブルーのイメージ。「お化け電球」の歌詞では、手と目で電球を追う。Bメロとサビでは櫻井敦司はセンターに立っていて、歌詞を表現する。「ダンスダンス」部分では、お決まりの動きがあったりもしたが、横須賀やNHKではあったり無かったり。照明的にはピンクと言うよりは、黄色なども入った薔薇色に見えた。ブルーの照明のときは、可哀想な主人公だったが、何だかんだで薔薇色に終われたならば、良かったねって思ったのがNHK公演だった。相手が分からなくてもね。

続く「アンブレラ」。限りなくオレンジのイメージ。イントロでは、櫻井敦司と客席でリズムに合わせて拍手。唄が始まると、櫻井敦司は肩にかけていたコートを雨よけのように頭の上に覆う。「3つ数えたら〜」の部分から、櫻井敦司はカウントダウンを始めるが、指の形がドイツ風(親指、人差し指、中指を使用…会場によって違うが)。「真夏の朝日に〜」の部分が楽器ミュートを効かせて、アカペラ状態になるのだが、照明が緑と赤とオレンジ?のイメージで、櫻井敦司を中心にステージ全体を照らし、かつ赤は遅れて照明に加わるのだが、上から見て初めて、微妙じゃなくて絶妙と言いたいのだろうなと思った(かなり意図的らしい)。横浜公演で櫻井敦司はコートを上に投げて舞わせるのがとても楽しそうだったが、最終的にはラストで投げるだけになっていた。

「こんな人生、楽しもう」的なMCを挟んで「勝手にしやがれ」を紹介。十字架のストロボと、照明(ムービング)が左右でリズムを取る。櫻井敦司は脱ぎ捨てたハットを被って登場。とても説明しづらいのでパス。一番最後は、右手でハットを押さえて、左手は腰に、少し斜めを向いて決めポーズ。影がとてもかっこ良い。これは、映像に期待。

「此処に来たすべての天使たちへ」とMCで紹介された「Message」。この衝撃の天使発言も、初めは笑えたけど、最終的には普通になった。ツアーと通してよくなった曲の一つと言い切れる。これもブルーのイメージかも。左右の上からスポットライト的に櫻井敦司を照らす。歌詞の一つ一つのキーワードを体で表しながら歌う。2回目のAメロではしゃがんで眠っている「君」を優しく眺め、目覚めた「君」から目をそらす。しかし、「君」と目を合わせるような仕草のときは、子供目線に合わせているから、やっぱり「君」は子供なのだろうなあと。NHK公演では、センターの十字架に上から羽が舞う(下から見るとよくわかるのだけど、昔からあるような手法で本当に羽っぽい何かを落としている)。映像化したらきっと綺麗だろうな。

BUCK-TICK:Tour 2009 memento mori(3)続く。
posted by YuKKo at 16:15| BUCK-TICK | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。