2009年06月16日

Log : B-T memento mori@大宮&神奈川

週末になると、地方に行って、平日になると帰ってくる。定休の会社員とは逆の生活を送っている、もうすぐ結成25周年のバンドBUCK-TICK。
この間の長さが、舞台をより良いモノにしたのかもしれませんね。

ちゃんとしたレポートは最終日が終わってから書こうと思っているので、日記的に書き連ねます。


大宮では、初めてお越しになった方が3人も居て、楽しんでいただけたら嬉しい限りです。女性に感想を聞いたら「エロい」と言われてしまいましたが。クリエイティブ系のお仕事の方は「創作意欲がわいた」なんて嬉しい言葉を。予定が合えば、フラリと来ていただけると更に嬉しいですね。

神奈川は5年以上のお付き合いになるお友達が誘われて下さって。今回のツアーで最前列を取るよりも、隣で観ていることにドキドキドキ。初めて恋人を友達に紹介するような緊張みたいな感じでした。気に入ってくれるかしら、とかそんな感じ(笑)アンコールが狙い通りにやってくれたので、安堵しました。アンケートでも、その点のお礼は書いておきました。細かい感想を訊きたいような、怖いような感じもしてます。だって、彼女はいろんな舞台作品とかをご覧になる方だから、きっと目が肥えていらっしゃるはず。また誘ったら、来てくれるかしら。でも、「夢魔」はお気に召したようで良かった。あれを初めて聴く感じを味わえるなんて羨ましい限りです。しかし、あまりバンドと付き合いが長くない人に大好評なんですよね、「夢魔」。実はインダストリアルと呼ばれる人たちに近いモノを感じるような曲なのにね。

思い出でした。

ライブについては、また書きます。
posted by YuKKo at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Log | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121600907
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。